藁馬の窓辺



e0339317_22175518.jpg



ここを通るとつい撮ってしまう
藁馬のいる窓辺

前回は2年前に撮っていました
木曽駒??





[PR]
by cedar-rose | 2018-05-16 17:40 | 旅の断片 | Comments(0)

花のおもてなし

e0339317_22094081.jpg




妻籠宿はいつ来ても
花に迎えられる



e0339317_22100594.jpg



e0339317_22101559.jpg



とっくに終わったボタンも
ここでは今が盛りと咲き誇っていました



e0339317_22103025.jpg



花のある町並みっていいなぁ




[PR]
by cedar-rose | 2018-05-15 18:48 | 旅の断片 | Comments(0)

中山道・42番目

e0339317_21093962.jpg




ゴールデンウイーク中の妻籠宿

どこを撮っても人の顔がばっちり
比較的少ない所を撮りましたが・・・要修正



e0339317_21095541.jpg



そんなわけで、人が写らないところをパチリ



e0339317_21215871.jpg



パチリ



e0339317_21224531.jpg



パチリ

そんな人込みを囀りながら見学中のツバメさん



e0339317_21092157.jpg



巣があるから警戒?

1時間の散策、小腹がすいたのでおやき・五平餅じゃなくて
肉まん気分だった私です



e0339317_21100620.jpg




[PR]
by cedar-rose | 2018-05-14 18:22 | 旅の断片 | Comments(0)

ノスタルジー

e0339317_22202235.jpg




電力王、福澤桃介が
発電所建築の資材運搬路として架けた木製の吊り橋
大正11年完成




e0339317_22182854.jpg




老朽化が進み廃橋寸前になるも復元され
通学などの渡河に利用されている
町道だそうです
あ、車は通れませんよ

それにしても時間帯が悪かったのか誰も通ってくれない

すぐ近くには桃介の別荘もあり
ちょっとしたノスタルジーを感じる桃介橋周辺




e0339317_22191584.jpg



別荘入口


「電力王に!!!俺はなる!!!!」

・・って、言わない、よね







[PR]
by cedar-rose | 2017-07-25 20:01 | 旅の断片 | Comments(3)

和の趣き

e0339317_22174571.jpg





釣り忍で花開く




e0339317_22241243.jpg




昔からの街道沿いに咲く花


[PR]
by cedar-rose | 2017-07-24 18:37 | | Comments(2)

無事を祈って

e0339317_18504226.jpg





道中の無事を祈って参りました

ずい分と久し振りに目にする道祖神
いつの物なのかな?




e0339317_18495281.jpg


[PR]
by cedar-rose | 2017-07-23 17:51 | 旅の断片 | Comments(0)

集合住宅

e0339317_22160066.jpg




西日を受けて、キラキラキラ

住人はいたかな?
とても小さなクモの巣たちなので住人がいても見えなかったかも



[PR]
by cedar-rose | 2017-07-22 18:51 | ひとコマ | Comments(2)

中山道・34番目

e0339317_22252884.jpg




中山道34番目は奈良井宿




e0339317_22250775.jpg




寝覚の床でも書きましたが私の両親は木曽出身
加えて塩尻にワインを買いに行くのが大好き
高速を使わずにひたすら下道を行く
80歳をとっくに超えているのに・・




e0339317_22233624.jpg




ちょっと心配なので日にちが合えば付いて行く
黙って行ってしまう時が大半ですが




e0339317_22225567.jpg




その途中、あちこちの道の駅によるのも
殊の外楽しみにしていて
名所・旧跡には寄ってくれない




e0339317_22223509.jpg




帰りに奈良井宿によるか?

うん、行った事無いから寄ってみたい

何度も繰り返す会話ですが
寄ってくれません
道の駅は寄るのに・・・




e0339317_22255406.jpg




そんな訳で通り過ぎるだけの奈良井宿、やっと行くことができました
思った以上に古い街並みが残されていました
約1キロもあるんですね

少し寒いぐらいで朝に・夕に
季節柄たくさんのツバメが飛び交う中ゆっくりと散策




e0339317_22243971.jpg




記念撮影も忘れずに






[PR]
by cedar-rose | 2017-07-21 18:39 | 旅の断片 | Comments(2)

撮り鉄@寝覚の床

e0339317_18044584.jpg





名古屋へ向かうワイドビューしなの
寝覚の床と一緒に撮りたくて待ってみました




e0339317_18053237.jpg




塩尻に向かう下り列車は背後から来るので
先頭車両を狙っていましたが気付いたときは遅し
走ってくる音がほとんどしないんですよね

下り列車は進行方向左側の席がおすすめ
寝覚めの床が眺められます
車内案内放送があり徐行してくれました

今も徐行してくれるのかはちょっと不明
ワイドビューしなのに乗ったのは何時?
9年、数えてみると9年前
特急しなのだった頃は本当によく乗りました

旅行好きなの♥

最後は普通列車




e0339317_18062906.jpg




1・2枚目の右下、竹藪の所で
記念撮影





[PR]
by cedar-rose | 2017-07-18 18:22 | | Comments(0)

岩ツツジ

e0339317_22335505.jpg





断崖絶壁の寝覚の床に咲く岩ツツジ
どうやってここに?




e0339317_22431263.jpg




種?
う~ん、ツツジの種って
見たことが無いと思う





e0339317_22331856.jpg




ツツジの仲間は根張りが浅いので水切れに弱かったはず
土があるように見えないし日当たりガンガン

花後即剪定しないと翌年の花は望みにくいのに
いっぱい咲いている
誰か剪定・・できる場所ではありませんよ、すごい!

展望テラスからはわからなかった岩ツツジ
足の筋肉がピクピクしても(どんだけ運動不足なの?)
苦労して降りて行ったかいがあったかな?



[PR]
by cedar-rose | 2017-07-17 18:10 | | Comments(2)